巷では不動産投資などが盛り上がってきています。

インフレ期待や東京オリンピック、観光誘致など、国外からも日本の不動産に熱い視線が注がれています。

「今買っておけば値上がりする」というのが投資の目的のひとつですから、値上がりが期待出来る今が「買い時」という事になります。

安いうちに買えればそれがベストなのでしょうが、値上がり始めた今でも遅くはありません。買った時よりも高く売れればよいのです。

一方、既に不動産を所有しておられる方にとっては、世の中でいう「買い時」は「売り時」です。

これまでは買い手が付かなかった物件も、今なら売れる可能性もあります。

さらに、買いたい人がいる間に売れなければ、下火になってきた時に買い叩かれる事になります。

値上がりが続いている途中で売ると「安く売ってしまった」となってしまいますが、価格の天井で売る事は容易な事ではないので誰しも多少はそういう想いを抱える事にはなります。

不動産を高く売るには買い時の中で最も良いタイミングを探すこと、これに尽きるわけですが、不動産は土地ばかりではなく建物も含まれます。

建物の魅力が買い手に伝わることが、言い値で買ってもらうための第一歩になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です