不動産の売却は、それを購入したい人との戦いでもあります。

戦いでありながら、勝利してはいけない、難しい戦いなのですが。

ですが、騙し合いといったら少々語弊があるかも知れません。

売る人のメンタリティは何でしょう?

「高く売りたい」と「早く売りたい」ではないでしょうか。

この2つはなかなか両立しません。

高く売ろうと思ったら、安売りせずじっくり買い手が来るのを待つ必要がありますし、早く売ろうと思ったら値段を下げるしかないからです。

一方、買う人のメンタリティは「安く買いたい」と「早く買いたい」です。

「早く買いたい」は必ずしもそうとは言えませんが、待たされる事は一般的に好まないはずです。

良い不動産を持っていれば、売る人の方が立場が強いでしょう。

ですが、際立って良い点のない普通の不動産であれば、「買ってもらう」といったスタンスになりがちです。

購入希望者が現れるたびに「この人に売らなければもう買い手が付かないかも知れない」という悩みに苛まれます。

かと言って、無闇に交渉を長引かせるのはお互い時間の無駄です。

そして、交渉中の値下げも禁物です。買い手のペースに変わってしまうからです。

分割して売却できる広さがなければ、譲れないギリギリの条件を初めから提示しますが、交渉には極力穏やかな雰囲気で臨む事です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です