不動産の価値というのは不思議なもので、掛けたお金に比例しただけの価値を持つとは限りません。

土地を所有していて、ウワモノを建てた場合、建物がついているからその分、とまでは言わずとも建物の半額程度の価値が上乗せされる、と思うでしょう。

しかし、更地よりも値段が下がることも珍しくありません。

住宅をリフォームしてから売ったら、そのままで売るよりも高い値段が付く、と思うでしょう。

しかし、リフォームをしない場合と比べて殆ど変わらないこともざらにあります。

なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

理由はいくつかあります。

ひとつの理由としては、流動性の問題があります。

ウワモノが建っている土地を活用しようとした場合、ウワモノはよほど建物と用途がぴったり一致でもしていない限り、大抵は邪魔になります。

建物を撤去しようとすれば解体コストがかかります。

販売しようとしても、建物が買い手の幅を狭めてしまいます。

サービスどころか、足手まといになるのです。

リフォームにしても、好みの問題があるのでほとんど評価されません。

中途半端に新しいが故に、建て替えもしづらく、むしろリフォーム前の状態のまま値引きでもあった方が売り手と買い手双方にプラスとさえ言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です