不動産関係者にとって、頭の痛くなる問題がまたまた持ち上がりました。

構造偽装問題です。

A設計士による耐震構造設計の偽装に続き、2度めとなる今回の問題は、建物の基礎を支える支持杭に関する偽装です。

大規模な建物は地上に基礎を打って、その上に建てられているわけではありません。

軟弱地盤の場合、地中の奥深くにある「支持層」まで孔を掘り、そこに鉄製の円柱とセメントで杭を作ります。

今回の偽装では、杭が支持層にまで届いていないにもかかわらず、届いていることにされていました。

結果として、不安定な地盤の上に建物が建てられてしまい、建物が傾くこととなり発覚しました。

不動産保有者としては、不動産に関する信用が下がり、価格が下落しかねない事件であり、気が気じゃないでしょう。

こうした時、自ら偽装でもしていない限り、焦って売却するのは禁物です。

ほとんどの場合、欠陥や偽装はありません。

万一あったとしても、デベロッパーに対して責任を追求すれば良いからです。

事件発覚直後というのは、多くの人がパニックに陥っています。

普段であれば正常に下せる判断が下せなくなっています。

前回の耐震偽装でも、施主も被害者と認定されています。

事態が収束するのを見守りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です