仕事というものは、誰かにとってのニーズを解消することと同義です。

家事であれば、お腹がすいたので食べるものを作る、部屋が汚くなったので掃除するという、家族や自分から出たニーズを解消するために行う”仕事”ですし、飲食業であれば、食べたい、飲みたいといったお客さんのニーズを解消するのが仕事です。

製造業などもそうです。

そして、全ての仕事は、どのようなニーズがあるのかを考え、それを解消するために行われます。

家事などは考えずともこなせるのかも知れませんが、家電製品を購入するときに製品を選ぶなど、かならずニーズの解消にはどうすればよいか、考えてこれまで来ているはずです。

どのようなニーズがあるのか考えることを、「要求分析」と言います。

開発製造業であれば、顧客から送付された仕様書などを紐解きながら、どのような製品を作れば良いか分析する段階で行われることです。

要求分析は、仕事に限らず人が生きていくあらゆる段階で適用できる手法です。

家を売却する場合でも、どのような人が内見に来るか、あるいは来たかを分析したり、部屋をどのような状態にしておけば、購入希望者のニーズにマッチするかなどの分析に役立ちます。

肝心なことは、「相手の視点に立って分析する」という一点です。

この心がけのあるなしで、物事の成否が大きく左右されるというのがポイントなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です