日本では今、中古不動産の価値が高まり続けています。

これまで新築物件偏重だった税制も変わり、将来に向けた不安を抱える世帯が高額かつ長期ローンを忌避しているからです。

若い世帯ほど中古不動産の購入意向が高いのも特徴です。

長期ローンの忌避だけでなく、リノベーション工法の確立や浸透なども理由として挙げられそうです。

中古不動産を売買する環境が整ってきた、という見方もあるようですが、低額の不動産売買を行う環境は随分前から整備されてきたように思います。

最もありそうな理由として、内装を自分で手掛けることで新築以上の価値を見いだせる、というものがあります。

新築物件であっても、完全注文住宅でない限り、必ずどこかに不満は残るはず。

ですが、低価格で中古物件を手に入れておき、内外装を自分で手掛けることで、完全に自分好みの”棲み家”となります。

ですが、いくら見直されて来たとはいえ、新築価格を上回るようなことがあれば、それは完全に中古不動産バブルです。

リノベーション物件の中には新築と見まごう価格のものも少なくありません。

もちろん、相応のコストは費やされているのかも知れませんが、評価上はあくまで中古物件ということを念頭に置いて、物件探しをしたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です