日本では、いま、0.1%のマイナス金利が銀行に対して課せられています。

これは、普通預金などの貸出金利ではなく、市中銀行が日銀当預に預けている預金の一部に対してです。

「日銀にお金置いといたらお金目減りするから、貸付にまわして世の中景気良くしてね」ということなのです。

それが、この度追加緩和策が出まして「でも、新たに貸付増やしたら、当預のマイナス金利をゼロにしてやってもよいぞ」ということになりました。

さらに貸付を後押しする政策と言えます。欧州のECBではマイナス金利幅を拡大する方向に進んでいたのですが、日銀はちょっと賢いやり方に変えてきたようです。

これによって、さらに預金金利や住宅ローン金利も下がる可能性が出てきました。

ただ、マイナス金利導入以降、メガバンクや地銀の住宅ローンは審査が厳しくなっていると言われています。

それは、銀行は今貸し付けても利益が少ないためだと言われています。

融資のインセンティブが失われてきつつあるのです。

一方、ネット銀行はシェア拡大のチャンスです。

元より審査が厳しいのがネット銀行。

債務も無く、勤務期間が長いなど、信用度の高い方は積極的に利用すべきタイミングなのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です