住宅を所有することというのは、所有者に様々なゆとりを与えます。

棲み家があるという心理的なゆとり、資産があるという経済的なゆとりなどです。

税負担や自治会活動というデメリットもありますが、自治会活動は全てがマイナスではありませんし、ローン返済中は税負担も軽減されます。

ローン完済後は賃貸に出すも良し、売却するも良しですし、改装して住み続けるもよしです。

少し前から、住宅所有者には究極、いえ窮極と言ったほうがよい方法が出現しました。

それが「リバースモーゲージ」です。

リバースモーゲージとは、住宅を抵当に入れて老後資金を融通してもらうという金融商品です。

ローンの一種ですが、なんと融資資金の返済は不要です。

リバースモーゲージは、借り入れ者が亡くなったあと、金融機関は住宅として返済を受け入れるというものだからです。

住宅を差し入れるのは自分、あるいは夫婦が亡くなった後の事なので、気にせずに融資を受けられるでしょう。

ですが、もしリバースモーゲージで融資してもらった資金を使いきってしまったら、いよいよ後が無くなるという大きすぎるデメリットがあります。

安易にリバースモーゲージを選択する前に、デメリットを知っておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です